★三井住友VISAカードで賢くお買い物【年会費永年無料&ポイント3倍】今すぐチェック!★

大久野島はうさぎの楽園!フェリーアクセスは?

LINEで送る

世界でも話題になった
うさぎの楽園「大久野島」をご存知ですか?

うさぎの楽園と表現したのには、
わけがあります。

今回は、
うさぎ好きにはたまらない、
うさぎ好きでなくとも、
つい見ずにはいられない(?)
オモシロ仰天映像をお届けします。

#スポンサーリンク#

世界が嫉妬するうさぎの楽園

人間が大量のうさぎに追いかけられる。

そんなフィクションのような
世界ってあると思いますか?

それが、あるんです。

大久野島に。

なんだこれ!
羨ましすぎる・・・・!

一瞬目を疑うような光景に、
海外からも反響続々。

百聞は一見にしかず。
まずは、
こちら(↓)の動画をご覧ください。

モフモフしたい方におすすめ!うさぎの餌持参でどうなる?

世間では、近年
密かにネコの人気も高まり傾向を見せるなど、
モフモフブームが上昇中だそうですが、
モフモフしたいと願う心境にも
国境はございません。

ただ、
うさぎに追いかけられるだけでなく、
もっとうさぎとモフモフしたいと思う方は、
うさぎのえさ持参」で
大野島に行くことをおすすめします。

うさぎの餌は、
Amazonでも手軽に購入できます。

うさぎの健康に配慮した
お値段高めのうさぎの餌もありますが、
どちらかというと、
安めで、たくさん入っているのが
お得感があります。

どうぶつ村 ラビットフード チモシー 4.5kg
どうぶつ村 ラビットフード チモシー 4.5kg

ヒトがうさぎで埋め尽くされる?の図

うさぎとモフモフする方法は、
とてもシンプルで簡単。

なんと!

大久野島では、
①ヒトが地面に寝転がり、
②うさぎのえさをまくだけで、
うさぎにうずもれることも可能です!

こちら(↓)の実証映像をご覧ください。

まさに、
「うさぎにたかられる」の図。

もちろん、うさぎたちの目的は、
餌なわけですが、
大量のうさぎに埋め尽くされて、
うめきながらも、
超ご満悦な海外からの観光男性。

ここでしかできない、
レア体験を心ゆくまで体感できて、
充実度超満点な
雰囲気がただよってますね。

#スポンサーリンク#

もはや毛玉!ギネスを樹立したアンゴラウサギとは?

世界中には、様々なうさぎがいて、
驚きうさぎ映像は、
大久野島のうさぎにとどまりません。

こちらの
ウサギもなかなかのもの。

ギネスに輝くアンゴラウサギの
ブリーダーさんが、
どれほど手間暇をかけて
ウサギのお世話(グルーミング)をしているのか、
その一端が垣間見えます。

もはや、うさぎというより、
見事な毛玉!

鼻しかみえませんね。

アンゴラウサギは、
あまりぴよんぴよん激しく動かないので、
かつては、王様や貴族たちが
鑑賞目的で育てたそうですよ。

アンゴラウサギがコートを脱ぎ捨てる時

ギネスの記録を打ち破るためには、
見事なモフモフが武器になります。

しかしながら、
場面変わって、
女子ウサギがセクシーになるためには、
モフモフのコートは、
彼女にとっての妨げになったそうで、、、

見事なモフモフをぬぎすてた彼女は、
可愛い、これまたふわふわな
たくさんのベビーにめぐまれたそうです。

50羽ものアンゴラウサギを育てる
ブリーダーという職業は、
日々のお世話がかかせないために、
もう長らく旅行にも行っていないそう。

もし、
行くとしても、うさぎたちと一緒よ♥
とハグする姿に、
うさぎへの果てしない愛を感じました。

大久野島へのアクセス

さて、
最期に、冒頭でご紹介した
うさぎの楽園大野島へのアクセス方法
について、まとめておきます。

まさにうさぎまみれ、
野生化したたくさんのうさぎと
触れ合える、大久野島は離島のため、
フェリーでのアクセスが必要です。

最寄り駅は、
広島県竹原市の忠海(ただのうみ)駅。

ここから
忠海発~大久野島経由~盛着
のフェリーでアクセスできます。

フェリーの時刻表は、
大三島フェリー株式会社の公式サイト
をご確認下さい。

フェリーの乗車時間は、
約15分と、長くはありません。

但し、
フェリーの便数は限られているので、
最終便の時間も考慮して、
あらかじめ滞在計画をねっておくと安心です。

なお、
大久野島発の最終便は17:13。

期間によって異なり、
2月~10月は上記時間ですが、
11月~1月の期間は、
大久野島発最終便は16:13となっています。

忠海港から
うさぎの広場まではバスが運行されています。

アクセスは悪く、
行くにはとても時間がかかる
大久野島ですが、
いわゆるねこカフェや、ことりカフェなど
とは、スケールが違います。

これほどの非日常感とレアな体験を
五感を総動員して味わえるスポットは、
そう多くはないのではないでしょうか。

というわけで、
うさぎとたっぷり戯れたいなら、
あえて、大久野島島内のホテルを
利用するのもよいでしょう。

ただし、
大久野島へ実際に行かれる場合は、
アクセスが悪く、
各種交通手段の時刻表や
発着時間も限られていますので、
くれぐれも計画的にプランをねった上で、
時間に余裕をもって
行動されることをおすすめします。

#スポンサーリンク#

LINEで送る

サブコンテンツ

このページの先頭へ