★三井住友VISAカードで賢くお買い物【年会費永年無料&ポイント3倍】今すぐチェック!★

メッツア ムーミンバレーパーク ビレッジのオープンはいつ?場所と広さは?

LINEで送る

「ムーミンのテーマパーク」
メッツァ(Metsa)
日本に初上陸します。

ムーミンの作者は、
トーベ・ヤンソン氏。

その故郷は、
北欧フィンランド。

フィンランド以外に
「ムーミン」のテーマパークが
できるのは初めてのこと。

世界的にも注目される施設に
なるかもしれませんね。

今回は、そんなムーミンバレーパーク
メッツァビレッジの情報を
まとめてご紹介します。

#スポンサーリンク#

メッツァの由来は?ムーミンの世界を再現

北欧フィンランド生まれの
人気キャラクター
ムーミン谷の仲間たちをモチーフとした
テーマパークは「Metsa(メッツア)」
と名付けられました。

メッツァとは、
フィンランド語で“森”という意味。

美術館、リゾート、公園、レジャー施設など、
あらゆる要素が融合した
今までにない施設を目指すそうです。

メッツァムーミンパークの場所はどこ?

実は、
ムーミンのテーマパークの構想が
最初に発表されたのは2015年に
さかのぼります。

当初は、パークの建設場所も
定かではありませんでしたが、
その後、「埼玉飯能市」に
創られることが決まりました。

ムーミンパークのオープンはいつ?計画予定の延期も?

当初、
ムーミンランドMetsa(メッツァ)は、
★パブリックゾーン
★ムーミンゾーンの2つのゾーンに分かれ、
オープンは、2017年の早い時期と
報道されていました。

ところが、
2017年のオープンすることは
事業計画上難しくなったらしく、
延期されることに・・・。

施設名称にも若干の変更が加えられ、
★バブリックゾーン→「メッツァビレッジ」
★ムーミンゾーン→「ムーミンバレーパーク」
と若干ブラッシュアップされた
呼び名に修正されました。

2017年時点の最新情報では、
各施設のオープン時期は、
以下のとおりとなっています。

★メッツァビレッジのオープン時期:
2018年秋

★ムーミンバレーパークのオープン時期:
2019年春

「メッツァビレッジ」は、
北欧のライフスタイルを体験できる施設。

「ムーミンバレーパーク」は、
ムーミンの物語を主題としたテーマパークで、
ムーミン一家とその仲間たちに出会えます。

ムーミンバレーパークには、

★ムーミン谷の仲間たちが
仲良く暮らすムーミン屋敷のほかに、

★物語を体験できる複数のアトラクション

★物語の中で登場する灯台や、
★水浴び小屋
なども設置されるそう。

ムーミンバレーパーク内には、
★お腹を満たしてくれるレストラン、
★大型のギフトショップも登場。

特に、ムーミン大好きなファンの方々は、
オリジナルグッズが多数取り揃う
この大型ショップは要チェックです。

ぬいぐるみやマグカップなど
「ムーミンバレーパーク」のロゴが
デザインされたアイテムは世界初の展開だそうで、
素敵なセレクション&お気に入りの
アイテムに出合えるかもしれません。

ちなみに、メッツァには、
ムーミンの原作者ヤンソン氏の
想いを綴る展示施設も登場予定なのだとか。

ムーミンの原作者ソフィア・ヤンソン氏は、
日本でのメッツァビレッジと
ムーミンバレーパークの施設オープンにあたり、
こんなメッセージを寄せています。

「ここでは、ムーミンママのキッチンで過ごすような温かで幸せなひと時を。そして悩みを抱えている人ならこのパークで、答えを見つけることができるでしょう。」

今度こそ、
施設工事が計画どおりに進み、
無事にオープンの日を迎えますように!

#スポンサーリンク#

メッツァムーミンパークの敷地面積や開発事業費は?

ところで、
ムーミンのテーマパーク
メッツァの広さはどれぐらいなのでしょうか?

当初の計画では、
面積は1000坪(約3300平方メートル)以上を
想定しており、首都圏を中心に
建設地を選定している、との
報道が行われていたムーミンランド。

最終的に落ち着いた
ムーミンランド計画地は
宮沢湖周辺で、敷地面積は、
約18万7000平方メートル

東京ドーム約4個分にあたります。

これらの土地は、
西武鉄道から購入したもので、
購入費は、約6億円だそう。

宮沢湖の湖畔には、森林もありますので、
美しい湖の風景や、
周辺の森林を活用しながら、
ムーミン谷の世界観を再現した
美しい施設となりそうです。

ムーミンランドのコンセプトは?

ムーミンのテーマパークには、
コンセプトがあります。

ムーミンの物語と同じように、
★家族との心地よい時間、
★自然との共生、
★友情そして冒険を
テーマとしているのだそう。

自然の空間の中で
「ムーミンの世界」に触れる。

想像力を発揮しながら、
緑にかこまれて遊ぶ。

北欧が日本でブームになって
久しいですが、
その色や価値観、生活感に、
どこか憧れを抱いている方々も
多いのではないでしょうか。

ムーミンのテーマパークは、
そんな、スタイリッシュでありながら、
あたたかい、フィンランドならではの
空気感に満ちた施設になっていく気がします。

なお、
日本でのテーマパークは
ムーミンのコンセプトを重視しながら、
フィンランドとは異なった
屋内展示施設型になる可能性が高いそう。

暑い日や寒い日、
雨の日でも、天候を気にせず
楽しめる場所があると、便利ですね。

メッツァ施設紹介

メッツァ
●所在地:埼玉県飯能市宮沢431番3外58筆及び湖畔市有地
●敷地面積:約25ヘクタール(内開発予定地15.8ヘクタール)※東京ドーム4個分。

メッツァの構成施設:
①メッツァビレッジ
②ムーミンバレーパーク

●オープン時期:2019年春グランドオープン(予定)
①メッツァビレッジ:2018年秋 開業予定
②ムーミンバレーパーク:2019年春 開業予定

●施設内容:
①メッツァビレッジ(計画施設面積計:約6,000平方メートル)
物販施設、飲食施設、宿泊施設(各客室にサウナ完備)、グランピングエリア、ワークショップ施設、催事スペース、駐車場施設など

②ムーミンバレーパーク(計画施設面積計:約7,000平方メートル)
施設内容:複合施設、飲食施設、物販施設、アトラクションおよびエンタテイメント施設、フォトスタジオなど

メッツァムーミンビレッジ&バレーパークの
今後の展開に、ぜひ注目です!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
どうぞ他の記事もごゆるりとお楽しみ下さい。

#スポンサーリンク#

■今話題のおすすめ記事

悲報!レゴランドがガラガラ?駐車場も空いていて経営心配する声も
永遠のラブストーリー「美女と野獣」実写化映画!予告動画と日本の公開日はいつ?
万博桜まつり2017:屋台や開花状況イベント情報
観覧車ジンクス!エキスポシティオオサカホイールはカップルOK?
エキスポシティ無料バス時刻表は?梅田なんばの乗降場所は?
キューピー神戸工場の工場見学、オープンキッチンが予約開始
めんたいパークの料金やお土産は?営業時間と混雑予想も!
メーカーズピアのテナント店舗一覧!物販飲食や体験も充実
アイスモンスター名古屋初登場!オープン日やメニューは?
名古屋にららぽーと初進出?みなとアクルス内で工事開始
USJに4D新アトラクションが2017年に登場!
ネスタリゾート神戸温泉料金は?日帰りスパも可能!
腸内細菌を増やす食事で肥満や病気を改善する方法
腸内フローラで痩せる?細菌がダイエットの鍵!?

LINEで送る

サブコンテンツ

このページの先頭へ